Month: August 2019
トリキュラーはいつから服用?生理中の体調もチェック

今の時代では、避妊方法として有名であるのがコンドームです。 しかし、これは男性主導型であり、女性だけではどうにもならない部分があります。 そこで、最近女性が主導で自分の身を守るために服用する薬として、低用量のピルがあります。 これは女性ホルモンが配合してある錠剤であり、少しずつ日本でも浸透してくるようになったのです。 数ある低用量ピルでも、トリキュラーという商品は、医療機関でも処方されることも多く、個人輸入でも取り寄せる人がいるくらい、人気があります。 低用量のピルというのは、毎日飲み続ける避妊薬であり、それによって排卵を抑えることができるのです。 もしも飲み忘れなどがあると、48時間以上の間が空くことで、効果がなくなってしまうことになるのです。 ですから、服用する際には注意が必要です。 これはいつから飲み始めればいいのかというと、生理が始まった日から飲むようにします。 最初は体がなれずに整理中の体調が悪くなるという副作用も考えられます。 整理中の体調として、吐き気や気分が悪くなるなどの症状が出ることがあったり、むくみがあったりすることもあるので、そういったことは想定しておくといいでしょう。 トリキュラーは、そのまま28日間服用するタイプと21日間服用するタイプがありますが、いつから飲むのかということや最後の7日間は女性ホルモンを服用しないようになるのは同じことになるのです。 トリキュラーは、徐々に体が慣れてくるので、整理中の体調も気にならなくなってくることでしょうが、飲み忘れだけは気をつけるようにしましょう。 また、いつからピルを飲むようにするのかも医療機関で医師に相談をして決めていくようにするといいでしょう。

2019年08月31日
トリキュラーは避妊目的以外に生理を早める

健康な男女が性行為をすると、子どもができてしまうこともあります。 妊娠するということは、結婚をしていたりする人たちでは喜ばしいことですが、時にそうでない人たちもいるので、そういったことにならないようにするために避妊をするようにします。 一般的に知られている避妊方法としては、コンドームの着用ですが、近頃は女性が自分の身を守るためにできることとして、ピルの服用ということがいわれています。 ピルは低用量のホルモン剤であり、これを飲むことによって排卵を抑えることができるのです。 低用量ピルで有名な商品としてはトリキュラーがあります。 トリキュラーは主に避妊目的で服用されるものですが、それ以外にも有効に使うこともできる避妊薬です。 避妊目的のほかにも、生理を早めることができるのです。 例えば、トリキュラーを服用していて飲むのをやめたとすると、そのまま排卵を抑制する効果がなくなるので、生理が来るようになります。 その仕組みを利用して生理を早めることができるというわけなのです。 ですから、生理不順の人ではその周期を整えることができますし、旅行などで生理にあたらないようにしたい人では、ピルで生理をずらすことができたりするのです。 そのほかにも避妊目的以外に排卵痛や生理痛を和らげたり、ホルモン量を調整することによってニキビなどの肌荒れの予防になったり、出血量を減らして貧血の症状を改善させたり、子宮内膜症の悪化を防ぐするような効果もあるのです。 ですから、妊娠を避けるだけでなく、ほかの目的でも服用するような人もいるというわけです。 こういった生理を早めるなどの仕組みを知って服用することで、快適な生活を送ることができたりするのです。

2019年08月05日